インドネシアではどんなマンガが人気なの?

今回は、インドネシアのマンガ事情を調べてみました。   インドネシアは2億人以上の人口を抱え、急成長を続ける国であり、海外展開を考えている企業ならきっと注目している国だと思います。 まずは、マーケット規模。 「ASEANコンテンツ市場の基礎情報」によれば、コンテンツ市場全体の売上が7178億円。うち、雑誌174億円、書籍48億円、新聞3744億円。 新聞は結構大きい。全国で1千万部程度出ている様子。一方で雑誌や書籍の市場は小さく、これは書店の数が少ないことが影響していると思われます。 書店の数についてはデータが見つからないのですが、こちらの2008年のレポートによると国民一人あたりの年間書籍購入数が1〜2冊とのことなので、あまり多くはないでしょう。電子書籍のデータはありませんでした。   また、同資料によれば ・インドネシアのマンガ市場は外国のマンガが9割。内、8割が日本のマンガという独占状態。 ・単行本1冊10,000ルピア前後(約100円) ・インドネシアの出版社 PT Elex Media Komputindo が独占的に日本のマンガを販売。   とのこと。日本マンガは人気ですね。   さて、肝心の売れているタイトルですが、そのElex Mediaの販売ランキングがありました。   01          NARUTO   |   17.53%    02          DETEKTIF CONAN   |   15.17%    03          ONE PIECE   |   6.55%    04          ATTACK ON TITAN: LC   |   3.71%    05          BEELZEBUB   |   3.43%    06          NARUTO THE MOVIE : GUARDIANS OF THE CRESCENT MOON KINGDOM   |   3.03%    07          SECRET SCROLL OF SOLDIER,THE: NARUTO CHARACTER OFFICIAL DATA BOOK+POSTER    |   2.89%    08          KUNGFU BOY LEGENDS   |   2.88%    09          DORAEMON PETUALANGAN   |   2.87%    10          BLACK BUTLER   |   2.68%    11          HUNTER X HUNTER   |   2.63%    12          NAKAYOSHI   |   2.54%    13          CRAYON