ブラジルではどんなマンガが人気なの?

海外マンガ事情第二弾はブラジル。 御存知の通り、日系人が多く住んでいるので、 ジャパンカルチャーへの興味関心は高い国の一つです(ジュードーとか)。 マンガ業界について、となるとデータが非常に少ないのですが、 ジェトロさんのこちらのレポートによれば 漫画を含めた雑誌業界の2005年の売上高が14億3,781万レアル(=約430億円)。 一定の規模はあるのかな、という印象です。 なお、2億人の人口を抱え、若い世代も多く、オリンピックも控えている、という意味でマーケットとしては注目に値する国です。 さて、人気マンガのランキングですが今回参考にさせていただくのはこちら。 「MANGA」のランキングとなっていますので、基本日本製のものに絞ったものだと思われますが、以下のとおりでした。 Tokyo Ghoul 01 Aoharaido 03 Ataque dos Titãs 11 Yu Yu Hakusho 10  Planetes 02 The Seven Deadly Sins 05 Assassination Classroom 07 Codename: Sailor V 01  Magi 13 Hellsing 02 Naruto Gold 01 Terra Formars 01 Chobits 03 Kuroko no Basket 13 Rurouni Kenshin – A Sakabatou de Yahiko Dragon Ball 39 Zetman 02 Eden: It’s an Endless World 01 Limit 01 20th Century Boys 17 Wish 02 Kill la

【Webマンガ夜話】なぜ、我々はマンガをリブートするのか?

圧倒的な「神話」の創造主は、いわゆる「神」と呼ばれる。 「スター・ウォーズ」を創造したジョージ・ルーカス、「ガンダム」を創造した富野由悠季氏(以下:富野氏)、この二人に共通しているのは、圧倒的な世界観、サーガの生みの親でありながら、リーダとしての役割を現在は他者に譲っていることだ。 147